どうも、コウイチです。

 

僕は、6年間もの間プログラミング専攻の大学に通い、

ごく普通のソフトウェア開発会社にプログラマーとして就職しました。

 

根底にあったのは

「人とあまり積極的に話したくない」

という理由だったと思いますが、

「大好きなプログラミングについてなら、人ともうまくやっていけるだろう」

と思い、就職を決めました。

炎上案件へのブッ込み

まず最初に、新人研修として数か月間プログラミングの実習を行った後、

炎上案件にブッこまれました。

 

要件定義(こんなシステムを作ってくれというざっくりしたやつ)を開発前に詰めておらず、

システムが完成間近になって認識の違いが浮き彫りになり、

「ん?何でこここうなってんの?最初に言ったよね?いや作り直してね?ってか納期過ぎてるけど」

とお客さんに言われ、社員をかき集めて休日返上で作業を行う、そういうことをやってました。

 

納期が過ぎているのに約束した品質のものが納品できず、お客さんがお怒りになるわけです・・・。

 

納期間際になってみんな焦りだすため、

時間に余裕があるうちにやっておきたいありとあらゆる作業
例えば納期通りに終わるようにスケジュール管理する、だとか、
再利用しやすくメンテナンス性の高いプログラムの作成に注力する、だとか、
お客さんとの認識合わせを丁寧にやっておく、だとか。

 

そういうことをすべて放置して、

  • 行き当たりばったりのプログラム
  • あちらこちらにバグが見つかり、システムの穴をとりあえずふさぎ続ける作業ばかりして、やればやるほどバグが増え、いつまでたってもリリースできない。

 

「おい、とりあえずここにバグがあるって怒られてるから今日中に直せ!」

 

という罵声がオフィス内で飛び交っているわけです(苦笑

 

その結果、結局はお客さんの信頼を失い、自社で扱う案件の数がほとんどなくなってしまったのです。

社内ニートになった僕の末路

するとどうなったか、、、

 

「派遣のように、外の会社で働くよう命じられます」

 

もはや自社にいても仕事がないため、お客さん先を転々とするわけです。

 

が、、、そこに行った先では、、、

 

プログラムを書くための設計書が、

「ほぼこれプログラムそのものじゃん」

という感じのものになっており、

「誰が書いても同じプログラム」になる設計書をもとに、プログラムを書く作業が始まります。

 

僕の性格上、これは非常につらいものがありました笑

 

「誰が書いても同じなら意味ねぇ!」とw

 

これでは、僕の夢である

「プログラミングを通して世の中を幸せにしたい」

という漠然とした夢もかなうことはないと思いました。

 

すでに「こういうものを作ってね。そしてその作り方はここに書いてあるから、必ずこの通りに作ってね?

と言われてしまうんですから。

 

ただ、まだ社会人歴も数年で浅かったので、

「今はうだうだ文句を言えるスキルもない。」

と考えそれなりに頑張ることにしました。

 

そして、まもなくまた、異動の時がやってきます。

 

僕が設計書通りに作ったプログラムがリリースされる前に、退場となったのです。

 

退場を機会に、僕は上司に文句を言いました。

 

コウイチコウイチ

誰が書いても同じですよ。あれ。
もう少しクリエイティブに、こんなサービスが作りたい!っていうのを形にできるっていうか、
ようするに、せめて色々な意見を出し合ってみんなで一つのものを作り上げていくような仕事がしたいんですが

 

上司上司

んー、そうは言うけどねコウイチ君。あれがこの業界のスタンダードなんだよ。
プログラマーは、ただ何も考えず、用意された設計書通りにプログラムを書けばいいの。
設計書が合っているという保証の元、プログラミングしてるんだからね。
プログラミング工程で意見が出るってことは、それより前の設計書作成の工程がダメだったってことになっちゃうよ。
それはいかんだろ?

 

そうか、これが現実なのか。

 

プログラミングがしたいけど、こんなものが作りたいと発言する権利はないのか。

 

確かに、言われていることは理にかなっていました。

 

でも、僕がやりたいことと違う…

 

腑に落ちないままずるずると、色々なシステム開発の現場を転々とすることになります。

 

プログラミングをしないプログラマー

さて、そんな会社員生活を続けていたころ、

今回もまた、現場の異動を命じられます。

 

が、、、

 

今度の現場はなんと、プログラムをやらせてもらえませんでした。

 

テスト工程、つまりバグを発見する仕事と言えるでしょうか。

 

すでに出来上がっているシステムが、仕様通りに動いているかチェックする。

 

「おお、このシステムが実用化されたらほんと、世の中明るくなるよな…!」

と思えるようなものだったら、違ったかもしれません。

 

でもそうではなかったので、クリエイティブな仕事がしたい僕にとっては、苦痛でしかありませんでした。

 

ついに我慢の限界に差し掛かった僕は、ある行動を起こします…。

↓↓↓

プログラマーとして就職した結果・・・_| ̄|○【その2】