どうも、コウイチです。

 

プログラミングでは、最初の方に「変数」を学びますよね。

 

そして、後から「定数」なんてのも出てきます。

 

今回は、

  • 変数と定数の違いって何?
  • 変数があれば定数はいらないんじゃ?

といった疑問に答えます!

変数ってなんだっけ?

変数の説明は、こちら!

プログラミングの「変数」をわかりやすく解説するよ!

定数とは?

変数は、何度でも入れるデータを入れ替えることができる箱でしたが、

定数は、一度入れたら二度とデータを入れ替えることができません。

「変数」と「定数」の違いって何?

変数 入れるデータを何度でも入れ替えることができる
定数 一度入れたデータは入れ替えられない

と、言うことができます。

変数があれば定数はいらないんじゃ?

それでは、何のために定数があるんでしょうか?

 

別に、変数さえあれば事足りるように思えてきますが・・・

 

例えば、こんなときどうしますか?

 

半径が 3 の円の面積を求めるプログラム
pi = 3.14
hankei = 3

pi = 4

(hankei * hankei * pi)を表示

※「*」はプログラミングで使う掛け算の記号です。pi は円周率という意味です。

 

もし pi が変数なら

円周率の pi が、途中で 4 という値に書き変わってしまいました。

円周率が 4 ということはあり得ないので、絶対にこれは許してはいけません。

 

もし pi が定数なら

最初に pi に 3.14 を代入した時点で、もう何者にも値を入れ替える権利はありませんので、

pi に 4 を入れようとした時点でエラーになります。

 

このように、プログラム中で値が絶対変わらないとわかっているものは、定数に入れておいた方が安全なんです。

まとめ

変数とは、何度でも値を入れ替えることができる箱であり、

定数とは、一度入れた値を入れ替えることができない箱である

となります。

 

それでは、ありがとうございました。