どうも、コウイチです。

今回は、Javaをこれから学ぶ方向けに、初心者からプロになるために役立つ学習サイトを厳選してご紹介します。

 

僕は高校時代、Windowsアプリケーションを開発するためにJavaを勉強し始めました。

現在では、C#を始めとする、様々な開発環境が登場しましたが、Javaはマルチプラットフォームなので、今でもWindowsとMac環境の両方で動作するアプリケーションを開発することに重宝しています。

 

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語で、ハマると抜け出せないほどの中毒性があります。少なくとも僕にとってはそうでしたねー笑

オブジェクト指向が、モノを設計していく過程により近いからでしょうか。

 

とにもかくにも、オブジェクト指向の考え方は楽しいので、是非マスターしてください。

初心者の方にとって、オススメ順に並べてありますので、上から順に見ていくのがよいと思います。

ではどうぞ。

マンガでわかるJava入門講座

プログラミング解説サイトとしては珍しい、マンガで学べるサイトです。

各回の解説の冒頭では、マンガによる解説から始まり、より詳しい内容がその後に掲載されているといった流れでJavaを学べます。

マンガで話のとっかかりがつかめるので、初心者の方に非常に優しいと言えるでしょう。

ドットインストール

3分動画で学ぶ、プログラミング学習サイトです。

すべての動画が3分以内という手軽さ。Javaの基本はすべて網羅されています。

Javaを勉強したいと考えているけれど、サイトや書籍で自発的に学習することに今一つ踏み出せない、という方は、ひとまず動画を視聴し、プログライングのイメージを掴んでみてはいかがでしょうか。

「Java入門」レッスンは、全43回となっており、オブジェクト指向プログラミングの基本をマスターできます。

第5回までは無料で視聴することが可能です。

無料登録を行うと、学習の進捗状況も分かるので、モチベーションを保ちながら学習を進めていくことができるでしょう。

Progate

スライド形式で進行されるコンテンツを視聴し、演習問題を解いていきます。

沢山の言語のコンテンツがありますが、Javaのコンテンツも充実しており、Javaの基礎であれば無料で受けられます。

演習問題をクリアしていく毎に、自身のレベルがアップしていく仕掛けになっているので、モチベーションが上がること間違いなしです。

paizaラーニング

面倒な環境構築が不要で、ブラウザ上でプログラミング言語を実行する学習サイト。

3分動画を見ながらコードを書き、その後、演習問題を解くことで、確実にステップアップしていくことができます。

不明な点は気軽に質問することができるので、挫折することなく継続できます。

CODEPREP

無料の教材(ブック)コンテンツでJavaの基礎を学習することができます。

穴埋め形式が基本ですが、自由にコードを編集して学習することも可能。

挫折しそうになったときは、ディスカッションボードで質問することができますので安心です。

一冊20分程度のコンテンツになりますので、コツコツと学習を続けていくことができそうです。

Schoo

3,000時間以上の動画教材と、ユーザー参加型の生放送授業が特徴の、ITスキルが学べる学習サイト。

生放送の視聴は無料で行えるので、まずはお試し無料登録がオススメです。

ShareWis(シェアウィズ)

90秒動画でサクッと学ぼう」がコンセプトのプログラミング学習サイト。

Javaのコースは基礎から応用まで、しっかり準備されています。

一番かんたんなJava入門

プログラミングでは、最初のとっかかりで挫折しないことが大事。

こちらのサイトでは、0から1の基本中の基本に焦点を当て、丁寧に解説されています。

個人のアプリ開発者の方で、ご自身がついこの間までJava初心者であったことから、誰よりも初心者の目線で教えることが出来るという点が、ウリになっています。

JavaDrive

Javaの開発環境のインストールから始まり、オブジェクト指向を含めJavaの基本を学べます。

かなり丁寧な解説なので、初心者でも迷いにくいでしょう。

初心者を卒業した後も、リファレンス的な使い方で僕も大変お世話になっているサイトです。

エンジニアの入り口

Javaの基本をマスターできる記事はもちろん、演習問題が豊富

アルゴリズム編、構文編、知識編、オブジェクト指向編とあるので、解いて力試しをしてみよう。

Java初心者入門講座

Javaプログラミングの面白さから始まって、開発環境の準備、Java文法の基本、データベースの操作、GUIプログラミング
と進んでいきます。

文章量が多く、解説が丁寧なので、これからJavaについてじっくりと学んでいきたいといった方に向いているサイトです。

Java入門

解説が丁寧で、入門とはいえ内容も深いです。

コツコツと、着実に知識を身に着けていきたい方向けとなっています。

Udemy

プログラミングを動画で学べる学習サイト。まずは、学びたいコースをキーワード検索してみてください。

Javaでも数多くヒットします。Javaの講座はすべて有料なのですが、受講する価値があります。

Java入門

Javaの基礎から応用編まで、多くのページを割いて解説されています。

備忘録として人気のサイト。Java初心者を卒業した後も、お世話になるでしょう。

とほほのJava入門

言わずと知れた、老舗サイトです。

入門サイトですが、深い知識に踏み込んで解説されているので、Javaの基本を一通りマスターし終えた後に再度訪問すると、より理解が深まるでしょう。

TECHSCORE

Javaの基本から、オブジェクト指向の重要事項までを丁寧に解説されています。

中級者以上向けの内容も充実しているので、基本が学び終わった後も、重宝するサイトです。

楽しいJava入門

 

初心者向けのJavaの解説サイトです。

読み物Java(基礎編)と言って、読みものとして気軽に読めるコンテンツもあり、最初の一歩として役立つサイトになっています。

初心者のためのJava SEプログラミング入門

丁寧な解説がウリのJava学習サイトです。

解説やコードが見やすく、初心者に優しい設計となっています。

スレッドの知識をはじめとした、中級へと踏み込んだ内容も学ぶことができますよ。

IT専科 – ITエンジニアのための技術支援サイト –

Javaの基本知識が綺麗にまとめられているサイトです。

込み入った内容は図解で丁寧に解説されているので、オブジェクト指向の仕組みを理解する助けになるでしょう。

ど素人のJava入門

かつてプログラミングど素人だった著者が習得したJavaの学習サイトとなっており、
つまずきやすいポイントをおさえて解説されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

様々な学習形態のサイトをご紹介してきました。

動画を見ながら学習したい人、サイトの文章を読みながらまったり独学したい人、色々な学習スタイルがあるはずです。

ぜひ自分にあったJava学習サイトを見つけてみてください。

とくに、関数の使い方説明などのリファレンス系サイトは、今後もたびたびお世話になるはずです。

ではまた。