【iOS11】明るさの自動調節が勝手にオンに!?オフにする方法は簡単

ツール

どうも、コウイチです。

今回は、iOS11で、明るさの自動調節をオフにする方法をご紹介します。

iOS11にすると、以前のバージョンではあった「明るさの自動調節」の設定が見当たりません。

しかも、勝手にオンになっているらしく、明るさがコロコロ変わります。

設定は、どこにいったのでしょうか?

iOS11では、「明るさの自動調節」はアクセシビリティの中に移動しました

設定アプリ⇒「一般」⇒「アクセシビリティ」⇒「ディスプレイ調整」の中に行ってください。

ありました!

ここをオフにすることで、明るさが勝手に変わることはなくなります。

なんで設定項目が移動した?

なんでこんな分かりにくくて深いところに設定が移動してしまったのでしょうか?

「明るさの自動調節」の設定の説明欄にこう書いてありますね。

明るさの自動調節をオフにすると、バッテリー駆動時間に影響する場合があります。

これは憶測ですが、バッテリー消費を抑えるために、基本的にはオンにして使ってほしいのでしょう。

設定をオフにして、屋外でも快適に★

僕が明るさの自動調節をオフにしたいと思ったのは、屋外で使っていたときです。

道端でマップを開いているときに、急に暗くなって画面が見えなくなったのです。

これは困る!!

真昼間は明るさを最大にしてちょうどいいくらいですからね。

 

というわけで、設定をオフにして、屋外でも快適に使えるようになりました。

明るさが勝手に変わることに不便さを感じている方は、設定を変えてみてください。

ではまた。

スキルに自信がない20代でも、フリーランスになって月50万以上を稼げます。

最後に僕の実体験から、プログラマーが最も簡単に収入を上げる方法をお伝えします。

それは、フリーランスになることです。

 

エンジニアだったら誰でもフリーランスになれます。

業務経験が1年もあれば、月収50万が狙えます。

 

信じられないかもしれませんが、

フリーランスというのは稼げる働き方なのです。

 

僕は正社員でプログラマーをしていたのですが、

・終電帰りが当たり前
・上司に毎日怒鳴られる。
・手取り16万

という地獄のような環境が耐えられなくなり、

フリーランスになったら月収がいきなり60万になりました。

 

正直僕なんか、大したスキルはありません。

いつも下っ端の下請けプログラマーでした。

 

なのに収入は3倍になりました。

自信と健康とお金を手に入れることができました。

 

いつまでたっても上がらない正社員の給料にイライラしている方は、

是非フリーランスにチャレンジしてください。

 

プログラマーが最速で月収を上げる方法です。

 

・フリーランスなんて不安定じゃん。仕事見つからなかったらどうするの?

・仕事探しがだるい。

・転職活動なんかする暇ないんだよ

・俺のスキルじゃ無理なんだよ

 

僕もそう思ってビビってました。

ですが、思った以上に簡単でした。

 

思い込みというのは本当に恐ろしいです。

やれば行ける世界です。

 

そんな僕がフリーランスになって、

3年間働いても上がらなかった給料を、

一瞬で3倍に上げた方法を、以下の記事で書いています。


【月収20万円⇒月収60万円】価値ナシ貧乏プログラマーの僕が、7日間で収入が3倍になった物語

ツール
衣食住よりプログラミング

コメント

タイトルとURLをコピーしました