手取り16万円の貧乏プログラマーの僕が、7日間で月収60万円になった方法

価値ナシ貧乏プログラマーの僕が、
フリーランスプログラマーになったら月収が3倍になりました。

詳しくはこちら

職場で甘いものを食べ過ぎるのは、人生がつまんないからである。

ストーリー

こんにちは、コウイチです。

 

僕は1年ちょい前まで、ブラック企業の正社員で、

下請けプログラマーでした。

 

仕事がつまんな過ぎて、甘いものを常に口に入れてないと、

辛すぎて時計の針がなかなか動かない。

 

暖房も効き過ぎてて暑くて眠くてもう発狂しそうだ。

もう我慢ならん。チョコ食べよう。ハイチュウ食べよう。

 

そう言って、チョコを常に口に含み、

それが終わったらハイチュウを常に口に含んでなめてました。

 

まるで中毒者のように甘いものを業務中に食べまくってた僕。

 

血糖値が上昇しまくって、全身が常に疲労感に襲われていました。

 

もうなんだこれは。

仕事は辛いし体はだるいし。

 

しかし、あることをきっかけに、

その中毒症状がパタリと止まったのです。

 

そのきっかけとは?

会社を辞めたことです。

 

ブラック企業を辞めたら嘘みたいに、甘いものを欲しなくなったのです。

甘いものを食べ過ぎるのは、人生がつまんないからである。

僕が甘いものを食べ過ぎてしまったのは、人生がつまらな過ぎたから。

 

このつまんな過ぎる現状を変えようと、

副業でプログラミングして収益出てましたけど、

 

だからこそ、会社の椅子に座っている時間が辛くて辛くて仕方ありませんでした。

 

だって仕事終わっても次々と仕事を振られてきりがないですし、

終電より早く帰ろうとすると怒られる。

 

僕はプログラミングが好きでプログラマーになったのに、

会社に入ってみたらまるでつまらない。

 

僕は気づいたら、設計書通りにただプログラムを書くだけのロボットと化していました。

 

会社でプログラマーをしていると分かりますが、

「こういう風にプログラムを書いてね」という設計書を先に作るんですね。

 

その設計書をもとに、ただカタカタとプログラムを書くだけ。

こんなことのために、俺はプログラマーになったのか?

 

そう思うと、会社の時間が不毛に思えてきて、

辛くて辛くて仕方がなくなりました。

 

早く帰ってプログラミングがしたい!

 

いや、会社でもプログラミングはしてるんだけど、

プログラミングは設計書通りに作らなければならなくてクリエイティブ性がないし。

 

もっとワクワクするようなシステムが作りたかった。

 

ちなみに僕はこの想いから、

僕は自動的に女性との出会いを量産するツールを作ったり、

 

女性とのメールのやり取りが超楽になるツールを作って、

知り合いの経営者に売ってもらってました。

 

こっちの方がワクワクしませんかね?

 

俺の作ったプログラムで、

世の中の男性が出会いを増やし、幸せな結婚のサポートをしているんだ!!

 

そう考えたらもう夢ありまくりだよなーと。

 

実際、コウイチさんのおかげで出会い増えまくりました!

と、会った時に言ってくださる人もいて、あーやってよかったなと。

 

世の中に貢献できたなって実感するんです。

 

僕はこういうのやりたいんですよね。

 

いくらプログラミングが好きでも、

会社がつまんないとか、やりがいが見えないとかじゃ、人生は輝きません。

 

 

そして給料も手取り16万ですからね。極めつけですね。手取り16万というのはw

 

嗚呼、今日も昼休みが終わってしまった。

あと5時間もある。

 

どうしよう。

いくら仕事をやってもやっても新しい仕事を振られてキリがない。

 

終電より前に帰ろうとしたら

「もう帰るの?(激怒)」

 

こんな毎日。周りの同期も白い目で見てくる。

 

いやおかしくね?

こんな給料安いのに、大してもらえない残業代のために毎日終電とか、

人生がもったいなさ過ぎる。

 

俺は幸せになりたい。そう思って何が悪い。

 

あんたらが上がらない給料に文句をいって、

雀の涙の残業代を稼いでいる間に、

俺は副業して稼いで、会社を辞めてやる!!

 

僕はそう思って、日々会社から帰ってから、

さっき言ってた恋愛のツール作ってました。

 

だってそっちの方が夢があるし、楽しいし。

 

で、恋愛のツール売ってくれてた経営者の部下として働くことになって、

もう手取り16万の会社は辞めました。

会社辞めた僕「ハイチュウなんていらなくね?」

会社辞めたら、ハイチュウなんて少しも食べたいと思わなくなりましたよ。

 

マジでびっくりです。

 

もちろん、常識レベルでは食べますけど、

社畜時代のように、馬鹿みたいに食ったりはしてません。

 

だってハイチュウ食ってるヒマがあったら仕事したいから。

まさにこのブログのタイトルでもあるように、衣食住よりプログラミングがしたい状態といいますか笑

 

プログラミングに限らず、本当にやりたいこと、将来につながることをやっている時間は

刺激的だし、つい甘い物に走って食いすぎたりしないんだなーと。

 

あれだけ我慢ができなかったぶどう味のハイチュウを、

欲しいとも思わない日が訪れるなんて。

 

やっぱりつまんないことは、日常からどんどん減らしていこう。

 

つまんない人生、退屈な人生だと、やっぱりその退屈を埋めるために、

人は何らかの中毒的行為を働いてしまう。

 

僕にとってそれは、甘い物、とくにハイチュウでした。

(ハイチュウ美味しいですよね?)

 

12個入りのハイチュウあるじゃないですか。

あれを2時間くらいで平らげてしまうくらいハイチュウ中毒者になってました。

 

つまんない人生は、やっぱり悪だと学びましたね。

 

だってハイチュウ食ってもその一瞬一瞬が満たされるだけで、

食べた後は罪悪感やら、血糖値急上昇による全身疲労感やらで、

何にも幸せじゃないんですもん。

 

そんな一時的な快楽に溺れる人生ではなくて、

僕は真の意味での充実した人生を送りたい。

 

やりたいことだけをやれる人生を目指して、

僕は日々進化していきたいです。

 

僕はまだ、フリーランスのプログラマーとして会社行ってますから、

やりたいことだけがやれる状態ではない。

 

それでも収入は上がったのと、

毎日定時で帰れるのでストレスないし、ますます副業が加速してるんで、

副業で稼いでフリーランスを辞めれるように日々動いてます。

 

ちなみに今は副業で、放置で月10万稼げる仕組みを構築中です。

 

お世話になってるビジネス仲間からのオファーで作ってるんですけど、

僕がPHPというプログラミング言語で、ある月額サービスを作ったら、

販売はやっていただけるので、僕は基本放置で月10万です。

 

月に10万なら、1年で120万だから、結構でかい。

 

そして、10万というのは初期段階の売り上げ予想です。

集客も仲間にやってもらえるから、僕に入ってくる額は未知数ですね。

 

需要のある機能を追加していけば、

さらにツールの単価が上げれそうな雰囲気はありますね。

 

楽しみです。

 

本業のフリーランスプログラマーで時間取られてる分、忙しいですけど、

商品作っちゃえば勝手に儲かるから、今はガリガリ時間投資してますね。

 

そんな感じで、人生やっぱり夢中になれることがあるっていいなと思います。

 

時間が経つのが遅くて発狂することもないですし、

甘いものを異常レベルで食べてしまうこともなく、

 

精神的なストレスも減るので健康的になりました。

 

甘いものがやめられないのは生活に刺激がないからなんだなと。

実感中ですよ。

 

もっと人生に刺激を求めましょう!

僕はもっと刺激が欲しいですよ!

 

バンジージャンプは死んでも飛びたくないけど、

刺激は欲しいですよ笑

 

毎日楽しいことをやって、そして稼ぎましょう!

一度きりの人生が、ハイチュウに蝕まれるのはとても許せませんです。

 

それでは。

スキルに自信がない20代でも、フリーランスになって月50万以上を稼げます。

最後に僕の実体験から、プログラマーが最も簡単に収入を上げる方法をお伝えします。

それは、フリーランスになることです。

 

エンジニアだったら誰でもフリーランスになれます。

業務経験が1年もあれば、月収50万が狙えます。

 

信じられないかもしれませんが、

フリーランスというのは稼げる働き方なのです。

 

僕は正社員でプログラマーをしていたのですが、

・終電帰りが当たり前
・上司に毎日怒鳴られる。
・手取り16万

という地獄のような環境が耐えられなくなり、

フリーランスになったら月収がいきなり60万になりました。

 

正直僕なんか、大したスキルはありません。

いつも下っ端の下請けプログラマーでした。

 

なのに収入は3倍になりました。

自信と健康とお金を手に入れることができました。

 

いつまでたっても上がらない正社員の給料にイライラしている方は、

是非フリーランスにチャレンジしてください。

 

プログラマーが最速で月収を上げる方法です。

 

・フリーランスなんて不安定じゃん。仕事見つからなかったらどうするの?

・仕事探しがだるい。

・転職活動なんかする暇ないんだよ

・俺のスキルじゃ無理なんだよ

 

僕もそう思ってビビってました。

ですが、思った以上に簡単でした。

 

思い込みというのは本当に恐ろしいです。

やれば行ける世界です。

 

そんな僕がフリーランスになって、

3年間働いても上がらなかった給料を、

一瞬で3倍に上げた方法を、以下の記事で書いています。


【月収20万円⇒月収60万円】価値ナシ貧乏プログラマーの僕が、7日間で収入が3倍になった物語

ストーリー
衣食住よりプログラミング

コメント